S103のボルトロス

いろんなルールの構築記事を投稿しています。

レジェンド・オブ・ラウンド

f:id:umisukeisuke:20210917160947j:plain

ライモンでポケモン強いもにゅ

初手に撃ち合いに強いダイマエース+オーガザシアンマーシャドーのスイーパー性能の高いポケモン+クッションイベルタル

ディアルガのダイアイスであられを展開してもカイオーガから入ることでマーシャドーの襷を潰さずに動かす事ができた。
ザシアンはS195で余りhaに振り分けていたが陽気HSの方が強かったとおもた(ないてる顔文字)

ほぼ参加出来てないが仲間大会ではそこそこ勝てたため記録用。ステロ読みをされるグラードンダイマックスはそこそこ刺さるなどした。

【最終2109/65位】S21シングル使用ザシアン構築

f:id:umisukeisuke:20210901133631j:plain

ライモンでポケモンつよいもーん
どうもけーすけです

【構築経緯】

環境に多いザシアン、カイオーガ、バドレックス(黒)、ムゲンダイナ、イベルタルの5匹を有利を取れる構築を目指した。これら以外の伝説だけでなく多くの一般ポケモンにも有利が取れるザシアンを禁止伝説枠に採用し、ザシアンの場を整えられる(かつ相手のザシアンにも強め)なカバルドンも採用。
この2匹はほぼ全ての構築に投げられることに気付いたため前述した4匹の伝説それぞれに構築単位で大きく有利が取れるポケモンをそれぞれ採用することにした。

【単体紹介】

ザシアンf:id:umisukeisuke:20210901131845p:plain@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

技構成:巨獣斬、インファイト、氷の牙、電光石火

実数値:195(220)-242(236)-135-×-135-175(52)

調整
・陽気ランドの地震15/16耐え
・ザシアンの巨獣斬+石火+ステロがMax195
・HAザシアンミラーで上を取りたいライン

ザシアンミラーは1発殴ってたらゴツメを当てた方が安全&耐久を上げた方が立ち回りの幅が広がると考えたので耐久振りのザシアンを採用した。巨獣斬は言わずもがな、HBランドロスをよく後投げされたので氷の牙、広い範囲を殴れる&技の補完か取れたインファイト、ステロと合わせて相手を縛ったりASザシアンを詰められる電光石火に落ち着いた。

一般ポケモンで止まることがほぼ無いので裏を禁伝枠の対策に厚めに出来るのが強みの1つだと感じた。素早さはかなり振ったつもりだったが殆どのザシアンを上を取られていた。Aを振り過ぎて後述するサンダーが変身したザシアンを受けられなかったのも反省点。
7世代のメガメタグロスに近い範囲をしていたのでとても使いやすかった。


カバルドンf:id:umisukeisuke:20210901131938p:plain@オボンの実

特性:砂起こし

性格:腕白

技構成:地震ステルスロック、あくび、吹き飛ばし

実数値:214(244)-132-178(172)-×-76(92)-67

・調整
陽気ザシアンの巨獣斬で確定オボン発動
意地ザシアンの巨獣斬をほぼ2耐え

ダイマックスが無いことであくびを通しやすくなったり、ふきとばしにダイマックスを合わされる心配が無くなった。ウオノラゴン入りのザシアン軸が増えた影響でザシアン軸に出し辛くなってしまった。ヌケニンに対して圧倒的な制圧力を所持している。地面枠は“ボルトチェンジ”を無効にしてサンダーやレジエレキに蹂躙されるリスクが減るので欲しい枠。
レートが上がると全然出せなかったので最終日の選出率は1割くらい。

サンダーf:id:umisukeisuke:20210901132006p:plain@ゴツゴツメット

特性:せいでんき

性格:図太い

技構成:ボルトチェンジ、熱風、電磁波、はねやすめ

実数値:197(252)-×-150(252)-145-110-121(4)

・調整
巨獣斬+じゃれつくを耐える乱数を上げるためHB振り切り
麻痺した+1ヒヒダルマ抜き

カバザシ@1と選出しても、エスバゴリララオス+ザシアンなどと強力な物理アタッカーを複数並べられると詰められてしまうためそれを解消すべく高速再生の出来る物理受けを採用した。ゴツメを入れられればザシアンが巨獣斬圏内になるので最低限の仕事はしてくれる。対面から剣の舞を積んでくるザシアンを咎めるために“電磁波”を採用した。電気タイプながら水タイプには低火力“ボルトチェンジ”しか出来ないため裏に負担をかけてしまう展開が目立った。


ウオノラゴンf:id:umisukeisuke:20210901132111p:plain@こだわり鉢巻

特性:ちょすい

性格:意地っ張り

技構成:エラ噛み、逆鱗、岩石封じ、地震

実数値:165-156(252)-120-×-117(132)-111(124)

・調整
臆病カイオーガの雷2耐え
ステロ+臆病ウルガモスの虫のさざめき耐え
麻痺したザシアン抜き

主に対カイオーガ枠として採用した。水技を無効に出来る点と裏に与える付加が尋常では無い点が強力だった。カイオーガ軸のナットレイはDに厚めな個体が多く、“潮吹き”を無効化した後に雨“エラ噛み”2発で倒す事が出来た。

ウオノラゴンを入れたザシアン軸が増えてきてミラーでこのポケモンを選出する回数が増加したが、サンダーの上を取れていないのが痛すぎたので素早さは出来るだけ高くしたほうがいいと感じた。終盤はカイオーガに全然当たらなかったのですなかきも一考の余地あり。

貯水の副産物としてスイクンを完封できたり、“クイックターン”を無効にする事ができた。

ブラッキーf:id:umisukeisuke:20210901132150p:plain@たべのこし

特性:シンクロ

性格:穏やか

技構成:イカサマ、願い事、守る、あくび

実数値:201(244)-×-143(100)-×-188(164)-85

・調整
ステロ+陽気ランドの地震を2耐え
バドレックスの+2ドレインキッス2耐え
(どちらも食べ残し込み)

主に対バドレックス枠として耐久力の高い悪orノーマルを採用する事を検討したが、ウーラオスカプ・レヒレの後投げを許してしまいペースを握られてしまうのが問題だったためブラッキーを採用した。バドレックスに後投げしたターンに“願い事”を選択する事でレヒレの“自然の怒り”やウーラオスの“インファイト”にザシアンを投げる事が出来、一貫を作りやすくなる。

他にもイベルタル+ギルガルドなどの他では見辛い並びに選出した。
特性は欠伸ループを阻害する可能性のあるシンクロとなっているがヌオーの“毒毒”やヌケニンの“鬼火”を同調する事が出来たら強いと考えたのでシンクロを選択した。




ゴチルゼルf:id:umisukeisuke:20210901132328p:plain@拘りスカーフ

特性:影ふみ

性格:臆病

技構成:アシストパワー、コスモパワー、トリック、ねむる

実数値:177(252)-×-124(68)-115-130-119(188)

調整
・スカーフ込みでルギア+1
・スカーフ押し付けた後に色んな受け駒の上を取る

対ムゲンダイナ(受けループ)枠。存在するだけで相手の受け駒の立ち回りを制限する事が出来る。“グロウパンチ”や“アンコール”を所持したヌオーや“くろいきりドヒドイデは起点化を回避出来るがスカーフトリックする事でそれらにも勝つ事が出来た。

頭悪めの動きだがゼルネアスや日食ネクロズマにいきなり“トリック”を押すと試合が終わる事がある。切り気味のホウオウにはこのポケモンでスカーフを押し付け、サンダーで聖なる炎のPPを枯らしていた。(3回に1回くらいは勝てます!)

【何か】

インフレシーズンの波に乗って最高レートを大きく更新できて良かったです。
ダイマックスがなくなり禁止伝説に受け出しがし辛い+出来ても並びの段階でかなり露骨になってしまうことからリスクの高い技選択が自他共に増えてしまったかなという印象でした。
ルールの特性上仕方ないですがかなり噛み合いと運に助けられたのでまたやる機会があればさらに納得度の高い並びを作れたらなと思います。応援とおめリプをくださった方に感謝。
それでは閲覧ありがとうございました!

【戦績】

f:id:umisukeisuke:20210901130736j:plain
*序盤別の構築を使用した分が反映されている
*最終日は19-11で+91増えました

レンタルPTは全然使ってもらって構わないんですけどザシアンの素早さが171になってるのとちょいちょいppを増やしてないところがあります!🙏
あと配置がキモ過ぎる

【ウォーターパラダイス使用構築】

ライモンでポケモン強いもん、どうもけーすけです。今回はウォーターパラダイスという大会に参加したのでその報告です。

【ルール】
・各図鑑の水タイプのポケモンのみが使用可能。
・準伝説、禁止伝説のポケモンは使用不可能

【構築経緯】
ルール発表当初、一致ダイジェット+ダイソウゲン+自信過剰を併せ持つギャラドスが誰も止められないと話題になった。それに対抗しうるスカーフやリンドの水ロトムが同時多発的に爆誕
しかしギャラドス側もランターンガマゲロゲなどの強力?な水ロトムキラーを従えてトップメタに君臨。
当初はギャラドスロトムルンパッパラプラス@2という並びが多く(残りはジーランスとみずロトムに強めなポケが多かった)、これ系統の並びに強めなドククラゲが台頭し、それに倣ってスターミー<サメハダーも数を増やしていった。
途中ルンパッパが数を減らしたような気もするが特殊型以外にも襷カウンターやバコウ剣舞などの型の豊富さから復権した。
オクタンや水岩勢などの外道ポケモンを挟みつつ群雄割拠な感じ。
大会間際になるとギャラドスの数が減り始めた。(ダイマを切るタイミングが見え見えでリンドミトムに簡単に切り返されちゃうから?よくわからない)

f:id:umisukeisuke:20210811023241j:plain
プレイングがありえん弱かったので単体紹介は無し

ラプラス 破壊光線→滅びの歌
ロトム ボルトチェンジ→身代わり

確実に変更すべきだった点はこの辺。練習でも勝てなくて本番も最終1698と底辺を極めたので最初からセンスが無かった。

【セイムビート使用構築】

f:id:umisukeisuke:20210621053955j:plain

【ルール】
①同じどうぐ、ポケモンを重複して採用可能

②ガラル図鑑、ヨロイ島図鑑、カンムリ雪原図鑑のいずれかに登録されているポケモンを使用可能(ただし、準伝説のポケモンは使用不可能)

【考察】
・ルール①について
被りに関する制限が排除されているため襷エースバーン×6などの構築も組む事ができる。
普段のランクマッチなら「ヒヒダルマがスカーフだったので裏のウーラオスはスカーフではないな」と考えるがそれが通用しないことに注意。

・ルール②について
見た目のインパクトは①の方が強いので気を取られがちだが実は大事なのはこっち。
サンダー、ランドロスラグラージのような防御に自信のある対面操作ポケモンが禁止されているためミミッキュ、エースバーン、ドリュウズなどの縦に強いポケモンが流行る環境を予想。

以上から「戦術“対面操作”に対する意識の甘さ」「ステルスロック+殴る構築の強さ」「ミミエスドリュウズをなんとかできる」という店に目をつけペリッパー&カジリガメを採用。




【単体紹介】

ペリッパー@気合いの襷

特性:あめふらし

性格:のんき

技構成:暴風 ウェザーボール 蜻蛉帰り 堪える

実数値:167(252)-70-167(252)-115-91(4)-63

雨降らし要因はニョロトノもいるが「蜻蛉帰り」を覚えるためペリッパーを選んだ。素早さを最遅にする事でカバルドンの下から天候を発動して蜻蛉返りを選択出来る点が非常に強力。撃ち合う場面も時々あるので攻撃技は一致技で威力の高い「暴風」とH振りカバルドンをワンパンできる「ウェザーボール」に落ち着いた。特に欲しい技が無かったのでダイマックスターンを1ターン消化できる「堪える」を採用。
ただし、余計に積まれてしまう危険性もあるので考えて発動する必要があった。

カジリガメ@命の珠

特性:すいすい

性格:意地っ張り

技構成:アクアブレイク ロックブラスト 剣の舞 スケイルショット

実数値:

相手の型を読み辛いルールで「ステルスロック」で襷等の不安要素を打ち消すのに魅力を感じていたが、ステロを撒くために一枠使ってしまう事に抵抗心を抱いた末に辿り着いた。ダイマックスを切り目の前の相手を倒しながらステロを撒く事で非常に止まりにくい性能をしている。

「ダイロック」は一見天候を書き換えてしまうため使い辛いと思われがちだが裏のペリッパーを捨てる事で雨ターンをリセット出来るため特に困ることは無かった。ベースとなる岩技は諸刃の頭突きを想定していたが練習でバタフリーに負けまくったので「ロックブラスト」に変更した。

これにより「ダイロック」でウオノラゴンを倒せなくなってしまったのでAダウンも狙える「スケイルショット」を採用した。「馬鹿力」を切ってしまったのでナットレイポリゴン2で止まってしまうがこれらの受けポケは後述するゴチルゼルで捕まえる事が可能なのであまり困らなかった。

むしろ「ロックブラスト」を採用したことでカイリューミミッキュなどの一撃で倒し辛いポケモンとのダメージレースに有利になる事ができた。が、ダイマカイリューとか諸々考えると「諸刃の頭突き」で良かったなぁ。


エースバーン@気合いの襷

特性:リベロ

性格:意地っ張り

技構成:火炎ボール アイアンヘッド ふいうち カウンター

実数値:156(4)-184(252)-95-×-95-171(252)

カジリガメの苦手とする草タイプに強い&高速高火力な点がカジリガメが暴れた後のスイーパーの役目を担えると考えたので採用。ペリッパーを気合い襷が被っているのがこのルールならではである。技構成はミラーした時にダイマックスを切り合う場面が多かったため「カウンター」。ウオノラゴンなどもよく倒したので素晴らしい技だった。

残りは主に後述するトゲキッスの「マジカルシャイン」と合わせてドラパルトと倒す為、カジリガメの「ロックブラスト」2回と不意打ちで珠ミミッキュが倒せるので意地っ張り不意打ちとなった。陽気でもダメージは足りている場面が多いのでとても悩んだ。

ゴリランダー

特性:グラスメイカ

性格:意地っ張り

技構成:ウッドハンマー グラススライダー 叩き落とす 10万馬力

実数値:197(172)-194(252)-111(4)-×-91(4)-115(76)

上3匹を基本選出にする事は決まったがラプラスに展開を許してしまうのが気になったので大体のダイマラプラスをワンパン出来ることと終盤の掃除性能の高さを評価して鉢巻で採用。
トゲキッスカイリューが多い環境だったためとても選出しづらかった。パッチラゴンとかの方が良かった。



トゲキッス@こだわりスカーフ

特性:てんのめぐみ

性格:臆病

技構成:エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ トリック

実数値:161(4)-×-115-172(252)-135-145(252)

エアスラッシュ」撃ってるだけで強いので採用。あまり確定数が変わる場面が少なかったので「大文字」ではなく命中安定の「火炎放射」。性格を臆病にする事でスカーフウオノラゴンやドラパルトの上を取れるのが強かった。

ゴチルゼル@たべのこし

特性:かげふみ

性格:ずぶとい

技構成:アシストパワー コスモパワー わるだくみ ねむる

実数値:177(252)-×-161(252)-115-131(4)-85

主にカジリガメやトゲキッスを受けに来たポケモンをキャッチするために採用。「宿木の種」を使用されても体力を保ちやすくするため、残飯込みで眠るで回復が追いつく場面が多かったので食べ残しで採用。悪タイプがオーロンゲくらいしかいない事も噛み合って想像以上に選出したし多くの勝ちを拾うことが出来た。

【選出】
亀が行ける時
ペリッパー+カジリガメ+@1

亀が無理な時
エースバーン+トゲキッス+ゴチルゼル

【戦績】
最高1730台 最終💩



ステロが強いなぁと思ったがステロを撒くために一枠割くのが勿体無いなぁ→カジリガメ、という感じだったが雨を降らす枠の方が普通に勿体無い。
これに気付いて解散して新しい構築を考え直したがモチベが無くなったのでスルーしようと思ったが以前ネット大会のたびにお世話になっていた“とある人”が復活したので参加した。
結果そこそこ楽しかったのでまぁいいかな。

【S19シングル使用構築】

f:id:umisukeisuke:20210629232136j:plain


「「「ラ」」」
【構築経緯】
1から構築を組もうと思ったので当時のランクマの使用率1〜6位を採用。ミミッキュの枠を耐久ポケモン全般に強めな鉢巻ウーラオスにチェンジしてひとまず完成とした。(ウーラオスは7位だった、強そう)

ポリゴン2でサンダーを見る動きが弱いと感じたためサンダー→ボルトロスポリゴン2バイバニラに変更した。


【単体紹介】
f:id:umisukeisuke:20210629232908p:plain
ボルトロス@こだわりスカーフ

特性:ちくでん

性格:おくびょう

技構成:10万ボルト、ボルトチェンジくさむすび、ウェザーボール

実数値:158(20)-×-90-195(236)-110-168(252)

ステロ+サンダーのダイジェット耐え
サンダー抜き

7世代と比べて電気技自体の脅威が減ったため構築単位でボルチェンに甘いものが散見されたため拘り持ちの電気タイプを採用した。サンダーのかいでんぱで嵌められない点が1番偉い。ウェザーボールを採用することで、カバルドン+サンダーに強く出れたり、後述するバイバニラの展開する霰を利用してカイリューランドロスなどを奇襲することが出来る。

f:id:umisukeisuke:20210629232924p:plain
ランドロス@でんきだま

特性:いかく

性格:慎重

技構成:地震 そらをとぶ ストーンエッジ 投げつける

実数値:195(244)-166(4)-119(68)-×-134(172)-114(20)

エースバーンの陽気球キョダイカキュウを15/16耐え
1段階上昇でウツロイド抜き、こちらのエースバーンと同速
こちらのレヒレと同速

最初は突撃チョッキ+ダイタックルでサンダー+ポリゴン2に強めな型で採用していたがそのポケモン以外でも対応できる事が判明したため、構築単位で厳しかった素早さをあげてくるアタッカーに起点にされないランドロスを考案した。がんせきふうじでも良いのだが、結局ダイジェットで倒されるターンに素早さが+1になってしまっているのがネックだったのでその点はよかった。蜻蛉帰りが欲しいと感じた場面が多かったのでストーンエッジを蜻蛉返りに変えるのもありかもしれない。また今季のカイリューはASが多かったので緊急事態の時は投げつける→ダイロックで倒していた。

f:id:umisukeisuke:20210629232941p:plain
バイバニラ@気合いの襷

特性:ゆきふらし

性格:うっかりや

技構成:吹雪、フリーズドライ、氷の礫、ミラーコート

実数値:147(4)-115-105-178(252)-103-131(252)

非常に受け辛い氷タイプの技を高火力で打てる点を評価して採用。多くの水タイプや飛行タイプに殴り合いで勝てる点が非常に強力だったが出しどころを間違えると腐ってしまいがちなので扱いが難しかった。
口述カプ・レヒレを絡めたサイクル寄りの選出に加えてエースバーン&バイバニラの対面的で強い選出も実現できたためよく活躍してくれた。

f:id:umisukeisuke:20210629232955p:plain
カプ・レヒレ@食べ残し

特性:ミストメイカ

性格:ずぶとい

技構成:ムーンフォース、波乗り、瞑想、守る

実数値:176(244)-×-176(196)-115-150-114(68)

準速テッカグヤ抜き

当初は瞑想守るレヒレでサンダーのダイマックスを誘発して後発のダイマックスで切り返す動きを想定していたが、怪電波サンダーに手も足も出ないのでガチで困った。生命力だけは凄まじいためTODや対ウオノラゴン、ウーラオスに貢献してくれた。
守るは見せる事自体リスクがあるため簡単に押していいか考える必要がある。

f:id:umisukeisuke:20210629233007j:plain
エースバーン@命の珠

特性:リベロ

性格:意地っ張り

技構成:火炎ボール、飛び膝蹴り、思念の頭突き、ギガインパクト

実数値:155-184(252)-95-×-96(4)-171(252)

ウツロイド抜き

ダイジェット持ちとダイマックスを切り合った時にアタック2発で倒す動きが強いと聞いて採用。意地にする事で低速サイクルにはほぼ負けなかったがテッカグヤカミツルギが重くなってしまったため陽気の方が良いかもしれない。
ドヒドイデと水ウーラオスを破壊するために思念の頭突き。

f:id:umisukeisuke:20210629233018j:plain
ウーラオス@拘り鉢巻

特性:不可視の拳

性格:陽気

技構成:暗黒強打、インファイト、不意打ち、毒付き↔︎蜻蛉帰り

実数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)

ミミッキュランドロス意識で陽気

基本的にあまりサイクルせずに勝ちたいので簡単に有利対面を取った際の圧力がデカい鉢巻で採用。受け寄りのPTにマッチングする事はあまり無かったがエースバーンと合わせて物理で役割集中を仕掛けるのがかなり強かった。割と諸説枠だったが耐久上げて積ませる系にダイマックスを切らず対応出来るのが偉過ぎたので続投していた。

【結果】
f:id:umisukeisuke:20210629232039j:plain
6/29にここからウルトラ連敗して終了
最高レートは1952で最終は4桁なので分かりませんごめんなさい

【S17シングル使用構築】(伝説1体ルール)

f:id:umisukeisuke:20210504175050j:plain
ライモンでパキメンス弱いもん...

【構築経緯】
とあるS16上位の方の並びf:id:umisukeisuke:20210215044958p:plainf:id:umisukeisuke:20210518141334p:plainf:id:umisukeisuke:20210215043133p:plainf:id:umisukeisuke:20210215043054p:plainf:id:umisukeisuke:20210505172905p:plainf:id:umisukeisuke:20210518141612p:plainが強そうだったので試していたが、f:id:umisukeisuke:20210215043009p:plainに対する立ち回りが不安定に感じたので基本選出を崩さずf:id:umisukeisuke:20210215043009p:plainと戦えるf:id:umisukeisuke:20210215043159p:plainを軸にしたカバザシを模索した。

【単体紹介】
f:id:umisukeisuke:20210215034036p:plain

ザシアン@くちたけん

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

技構成:巨獣斬 じゃれつく 電光石火 サイコファング(インファイト)

実数値:185(140)-236(196)-136(4)-×‐136(4)-189(164)

★珠サンダーと並べた時相手のエースバーンを抜けた方が強い立ち回りが出来ると考えたのと、ザシアンミラーで上から剣舞されると試合が終わってしまうと考えたので巨獣斬+石火で無振りザシアンを倒せるラインまで伸ばした。
副産物としてBを甘えたカバルドンランドロスを2発で倒したり、ドヒドイデの後出しを許さなかったりしたが意地HSザシアンが非常に厳しかった。

f:id:umisukeisuke:20210322032859p:plain

カバルドン@オボンの実

特性:すなおこし

性格:腕白

技構成:地震 ステルスロック あくび 吹き飛ばし

実数値 215(252)-132-170(132)-×-108(124)-60

★S57個体を使おうとしたらなんか60になってた...。
参考元の調整からDを削ってBを1上げて対ザシアンの生存率を上げている。体力が有限なので、役割対象が複数いる場合は投げるタイミングがシビアだった。しかし吹き飛ばしを切ったプレイングをされたことが多々あり、かなりのアドバンテージを得たのでどちらも強いと感じた。
f:id:umisukeisuke:20210322032945p:plain

サンダー@命の珠

特性:せいでんき

性格:臆病

技構成:10万ボルト 暴風 身代わり 羽休め

実数値:166(4)-×-105-177(252)-110-167(252)

エモンガと悩んだが、主に数値面と型の豊富さからサンダーを採用。こちらのダイマックスが終わった後も身代わりで相手のダイマックスターンを消費出来るのがめちゃんこに偉かった。
エースバーンのダイアタックの雰囲気を感じたらカバルドンに交代するのがベター。

f:id:umisukeisuke:20210518142848p:plain

ヒードラン@風船

特性:もらいび

性格:控えめ

技構成:マグマストーム ソーラビーム 大地の力 挑発

実数値:167(4)-×-126-200(252)-126-129(252)

★ムゲンダイナ、メタモン、日ネク、受けサイクルに強い枠。ムゲンダイナは数を減らしていたしメタモンにも日ネクにも普通に負けたのであまり自分と合っていなかったのかもしれない。マグストはよく当ててくれたしヒードランでラッキーを削ってサンダーを通す動きなどは強かったので不正解ではなかったと思う。
遅いサンダーとかを抜けたら美味しいのでCS特化。

f:id:umisukeisuke:20210215034007p:plain

ラプラス@食べ残し

特性:ちょすい

性格:図太い

技構成:フリーズドライ 身代わり ボディプレス 絶対零度

実数値225(156)-94-143(226)-105-115-95(116)

★参考にした配分のHBラインを落としてSを2上げることで無振りゲロゲを抜けるようになった。ダイマックスしても充分な性能を発揮するがあまり受けに対して投げる事がダイマックスを切らずに零度を打つ機械になってしまう場面が目立った。この枠は水ウーラオス、ウオノラゴンなど色々試したが相手のカイオーガが一番動き辛そうだったのでラプラスで良かったと思う。


f:id:umisukeisuke:20210518142855p:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:アナライズ

性格:穏やか

技構成:トライアタック 冷凍ビーム シャドーボール 自己再生

実数値:191(244)-×-112(12)-126(4)-157(220)-83(20)

★主に黒バドレックスに強い枠。アナライズだが生意気にはせず、ダイアタックでS逆転から殴る機会を増やせるようにした。他にもわるだくみロトムなどの重めなポケモンとも打ち合ってくれたので文句のつけようがない。



【結果】

最終 1875 494位

1ミリも勝てませんでしたが一応8世代で竜王戦をやった証として遺しました。


上位互換

https://fisicapoke.hatenablog.com/entry/2021/04/01/191859